葬儀の通夜について

通夜の際には葬儀の式場に遺体を移動させておきます。また葬儀の参列者の受け付けを開始します。喪主に当たる方は僧侶の到着を待ちます。一般的に式の開始10分前には参列者は到着をしておくことが望ましいとされています。通夜式の開式の辞は通常司会進行を行う方が担当します。その後僧侶により読経が開始されます。焼香を行う際には喪主、遺族、親族の順番となります。焼香についてはあまり経験のない方は慌ててしまうことがありますが、そういったことがないように手順をあらかじめ確認しておくといいでしょう。読経が終わり合掌礼拝を行い、その後に僧侶を見送ります。司会者が閉式の辞を行い通夜式は終了します。

通夜式が終了すると通夜の振る舞いが行われます。喪主や遺族は弔問客の応対をしていきます。従来からある一般葬や家族葬では通夜の振る舞いが行われますが、最近では一日葬や火葬式のプランも登場しており、これらの場合には通夜が行われません。そのため、通夜の振る舞いも省略されます。葬儀の費用を抑えようという場合には、一日葬や火葬式を選択するといいでしょう。特に儀式を行わない意向の場合には火葬式が適しています。

通夜の振る舞いが終わると式場の片づけを行っていきます。従来では棺の側に座り、ろうそくや線香を絶やさないようにするという夜とぎが行われていましたが、最近では翌日に葬儀や火葬などがあるため就寝するケースが増えてきています。故人が亡くなった悲しみを抱きながら夜とぎをすることが辛い場合には無理をする必要はありません。