葬儀の内容はプランによって異なる

葬儀前から精進落としまでは内容をカットしない通常の場合に行われるものですが、最近では葬儀のプランも多くなってきており、そのプランごとに内容に変更が見られます。そのため希望の内容に沿ったプランを検討し、最終的に決定を行っていく必要があります。決定をするためにはプランの内容をしっかりと理解しておかなければなりません。難しい部分ではなく、基本的な内容を理解することで、適切なプランを選択することができるのです。

従来から行われてきた葬儀のスタイルを持っているのが一般葬です。これは通夜から火葬までを省略することなく行います。また参列者にも制限を設けないため、多くの参列者を希望する方は一般葬が適しているといえます。ただ参列者が多くなるため、喪主や遺族はその対応に追われることになります。この点は十分に理解する必要があります。そして他のプランよりも費用が掛かる点も知っておく必要があります。

参列者を多くせず、親族だけ、また故人とごく親しい方のみで葬儀を行いたいと希望する方、また故人を亡くした悲しみを抱きながら多くの方の対応に追われることは避けたいという方は家族葬を選択するといいでしょう。葬儀自体の内容は変わりませんが、参列者の人数を調整することができます。多少費用を抑えることも可能です。葬儀は通常2日間かけて行われますが、時間の調整が難しい方がいることを想定して一日だけで終了させる一日葬というプランがあります。これは通夜を省略したものです。さらに儀式をすべて省略し、火葬だけを行う火葬式のプランもあります。