葬儀の流れについて

通夜の翌日に葬儀が行われます。喪主は僧侶を迎えて挨拶を行います。受付担当の方は参列者の受付と対応を開始します。式の開始10分前までには着席をしておいた方が望ましいといえます。葬儀開式の辞が司会を行う方より伝えられます。僧侶が読経を行い、その後弔電の奉読や焼香を行っていきます。焼香の順番は遺族、来賓、関係者、さらに一般参列者で行われていきます。読経が終わり、僧侶は退場します。司会者により閉式の辞が行われます。

喪主や遺族、親族は祭壇を囲み、棺の中に花を入れます。棺に蓋をし、喪主が釘打ちを行います。棺は霊柩車の中に納められ、火葬場に向けて出発します。火葬場では棺を炉前に運び、その後火葬が開始されます。火葬の際にはしばらく時間がかかるため、喪主や遺族、親族は火葬場の控室で待機します。終了した際には再度火葬場に移動をします。火葬の最後に骨壷にお骨を収めます。

火葬が終了すると次は斎場に場所を移します。骨壷を祭壇に安置します。その後に僧侶が読経と焼香を行います。さらに精進落としを行い、喪主や遺族が接待を行い、葬儀に関するお礼を込めて対応をします。葬儀に関しては、火葬場や斎場に行ったりとハードな一日になります。そのため、最近では葬儀を行わない火葬式を選択する方もいます。ただ儀式はやっておきたいという場合には、火葬式以外のプランを検討するといいでしょう。葬儀を行う際には様々な流れがあるため、知識がないとスムーズに行動できないものです。そのため、前もって基本的な知識は身に着けておくことが望ましいと言えます。