葬儀前の段階

入院をしている方が危篤になった場合、その後にご臨終になることが一般的です。臨終を迎えると医師が死亡判定を行い、葬儀社に臨終の連絡を行います。ご遺体については通常病院で長時間の保管は行っていないことが多いため、自宅や葬儀社の安置室へ移動させることになります。ご臨終を迎えた際には葬儀を行わなければなりませんが、葬儀社を決めている場合といない場合で流れが異なってきます。

故人が生前葬儀の内容や葬儀を行う会社を決めておいた場合には、ご臨終の際に家族と話して内容を決めていく必要はありません。しかし内容などが決まっていない場合には、故人の家族は話し合いをして内容等を具体的に決めていかなければなりません。宗教形式や費用、参列者の人数などを決めていきます。故人が亡くなった悲しみが冷めないうちに内容を決めないといけないため、故人は生前に内容を決めておくことが望ましいといえます。その際にはプランや規模などを決め、見積もりを取りながら実際に葬儀を依頼する会社を決めておくことが大切です。

臨終後、葬儀を行う会社に速やかに連絡をし、死亡届や火葬許可申請、戒名などを含めた打ち合わせを行っていきます。この際に家族等だけでは対応ができないような場合は、急いで親戚などに連絡をすることが大切です。最後に納棺の準備を行いますが、この時に死装束に着替えさせ、死化粧を施します。遺体を愛用品とともに棺の中に納めます。後日に市役所で死亡届を提出し、火葬許可証の受領を行います。これが一般的な葬儀の前の段階の流れになります。